新着情報

土地や中古物件で注意すべき都市計画等

土地もしくは中古の一戸建てを購入する時は、用途地域や地目、都市計画等の区分に着目することが必須です。新築であれば、このような区分で問題になることはまずありませんが、築年数の古い中古住宅や土地では、新たに建築ができない地域となっていることも少なくありません。まずは都市計画ですが、市街化区域、市街化調整区域があります。市街化調整区域とは、行政が市街化を抑制している地域であり、基本的に新たに建物を建てられない土地です。しかし行政によっては申請し、許可を得られれば建てられることもあります。

土地の情報をいち早くキャッチする

ご自宅をこれから購入する事を考えている方に対して必見となるような情報が、現在ではかなり多く発信されていると考えても間違いではないでしょう。街中の至る所でもこのような事に関する情報に触れる事が出来るようにもなっていますし、またその他にも色々な所で情報が発信されています。しかし、私たちはそのような事実に気が付かないまま時を過ごしているのかも知れません。そのような情報を素早くキャッチできるのかどうかで、かなりお得に自宅を購入する事ができるようになります。どのような情報を素早く収集すれば良いのかは、その方がどのような自宅を建てたいのかという事にも大きく関係する事になります。自宅の種類にもかなり多くありますが、初めから自宅を購入するのであれば、土地から用意しなければならないような事にもなるのではないでしょうか。そのような時に、どの辺の土地を選ぶのかによって、自宅の様子や使い勝手などが大きく変わって来ます。どの地域に住む事になるのかという事にも繋がりますので、多くの方々がこの問題でかなり悩んでいる事だと考えられます。その他にも、その値段がかなり高い場合もあれば、お買い得な時期もあったりする場合も見られます。

4028

土地活用、アパート、マンション経営メリットとデメリット

自分の土地があり、更地の状態で放置しているとそこからなんの利益も生まれません。うまく利用して収益をあげることができれば、生活が楽になることでしょう。 土地から収益をあげる方法の一つとして、アパート、マンション経営があります。 アパート、マンション経営のメリットには、家賃収入により高い収益性が見込める場合があります。また、土地を購入しての経営ではなく、元々所有している土地を使った場合の経営ではさらに収益性が高まるはずです。 また、住宅用地にあてはまるため、アパートやマンションは、固定資産税などが軽減措置があります。 アパート、マンション経営のデメリットでは、建てる建物の広さや高さなどさまざまな制限がかかります。また、居住者の安全性を考慮し、災害時などに対する安全という部分で厳しい規制があります。 また、アパートやマンションなどの賃貸物件の建築が増加傾向にあり、競争の激化状態になっているのが現状です。 そのため、空室が増えてしまう賃貸物件も出てきてしまうので、収益性が下がる危険性もあります。 その他にも、管理費や修繕費などが費用としてかかります。これが、わりと支出の割合が大きいので注意が必要な場合があります。

Copyright ©All rights reserved.土地の情報をいち早くキャッチする.